Normal is Best.

高校教師&パパコーチ&元SEのブログ

血液検査でアレルゲンを調べてみたら、自分の鼻の弱さの理由が分かってよかった。コレはオススメ。

先週末、息子(小学校2年生)の看護休暇で日中少し時間が取れたので、近所の内科に行って、アレルギー検査をしてもらった。
ここ数ヶ月ずっと体調を崩したままなので、何か原因がわかったらいいな、と思って。

アレルゲンって何?

アレルゲン – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/アレルゲン

アレルゲン(ドイツ語: Allergen)とは、アレルギー疾患を持っている人の抗体と特異的に反応する抗原のこと。一般には、そのアレルギー症状を引き起こす原因となるものを言うが、感作はされているが具体的な症状があるわけではない人においても、その抗体と反応する抗原もアレルゲンと呼ぶ。さらに広義には、それに対するアレルギー患者が多いなど、アレルギーの原因によくなり得る物質のこと。

今回検査したCAP16(花粉症・鼻炎)

調べてみたら、実施会社のサイトには以下の情報があった。

臨床検査のご案内「新規受託項目」| 臨床検査のLSIメディエンス
http://www.medience.co.jp/information/01.html
11-06-P1.ai – 11-06.pdf
http://www.medience.co.jp/information/pdf/11-06.pdf

みてみると、検査の種類には
CAP16(食物アレルギー)
CAP16(アトピー乳幼児)
CAP16(アトピー学童)
CAP16(アトピー成人)
CAP16(花粉症・鼻炎)
CAP16(アレルギー性喘息)
6種類があることを知った。

かかった費用

7千円程度かかった。。
特に事前に調べることなく、アレルギー性鼻炎っぽいからアレルギー検査したい、とふと思い立っての行動だったため、面食らった。

検査結果について

ハウスダスト:クラス2
ダニ:クラス3
スギ:クラス4
ヒノキ:クラス2
・・・

まさかな、、と思っていたらその通りの結果だった。
昔から、模様替えや埃っぽいところだと鼻水が止まらなくなってたしね。

抗アレルギー薬をもらったので、辛い時にはこれで様子を見ようと思う。

Return Top