Normal is Best.

高校教師&パパコーチ&元SEのブログ

モバイル環境改善〜iPhoneのテザリングをBluetoothからWiFiに変更したら速度アップ〜

モバイル環境改善〜iPhoneのテザリングをBluetoothからWiFiに変更したら速度アップ〜

背景

通勤時に、隙あらばノマドワークスポットとして見つけたカフェやコワーキングスペースでタスクをこなしている。
そんな時に必須なのが通信環境であるが、iPhoneのテザリングが開放された数年前から、ノートPCで通信するときはiPhoneのBluetoothを使ってテザリングしている。
ただ、使い始めた当初から、通信速度の遅さにはストレスを感じていた。
いつでも繋がれる安心感には代えられないので、バッテリーの消費が少ないBluetoothを使っていたのがその原因である。

インフォメーション

今さら聞けない!Wi-FiとBluetoothの違いを知ろう! | DTI
http://dream.jp/mb/tips_m/wifi02.html

・Wi-Fiを利用したテザリング
Wi-Fiは最も多くの機種が対応しており、通信速度はまずまず高速で、安定した通信ができます。ただしスマートフォンのバッテリー消費量が大きいというデメリットがあります
・Bluetoothを利用したテザリング
通信速度は遅く、やや不安定です。また、スマートフォンとパソコンなどが近くにある必要があります。ただし、少ない電力で長時間利用できるというメリットがあります
・USBを利用したテザリング
最も高速で安定した通信が可能ですが、有線で接続する必要があります

同じ無線規格でも、Wi-FiとBluetoothはこのテザリングに象徴されるように、通信可能距離だけでなく、通信速度とその安定性、さらには消費電力にも違いがあります。

感想

10月に、iPhone6からiPhone8Plusへ乗り換えたことで、バッテリーの持ちが劇的に改善したので、WiFiでのテザリングであっても安心してノマドワークできそうだ。
もっと速度を求めるならモバイルルータの購入を考える必要が出てくるが、そこまでコストはかけられないので、当面はiPhone8PlusのWiFiテザリングを続けようと思う。

Return Top